あかちゃんのうた絵本 松谷みよ子 赤ちゃんとのコミュニケーションに!

あかちゃんのうたは、まだねんねの頃の赤ちゃんにも

聞かせられる歌の本です。

 

あそび歌だったり、子守歌だったり。

コミュニケーションの一つとしても使える歌の本を紹介します。

スポンサーリンク

 

▼その他0歳からの絵本▼

0歳児からの読み聞かせにおすすめの絵本

あかちゃんのうた 絵本の情報

【タ  イ  ト  ル】 あかちゃんのうた4

【作        者】 松谷みよ子

【    絵   】 岩崎 ちひろ

【出     版     社】 童心社

【大     き     さ】 21×18.6cm

【ペ   ー   ジ 数】32p

【初 版 年 月 日】 1971年8月20日

【おすすめ時期】 0歳から

 

あかちゃんのうた 絵本のあらすじ

まだねんねの ホントに生まれたばかりの赤ちゃんの時から

語り掛けるのにぴったりの絵本です。

 

おむつを替える時のうた、「おむつをかえましょう」

「うちのにゃあにゃ」「おひさま こんにちは」

「おでことおでこが」など

普段の何気ない生活が歌になっています。

 

なんにも反応の赤ちゃんに話しかけるのは

独り言を言っているように感じるかもしれませんが

(私が最初、そんな風に思ってました)

声をだして笑ったりしなくても、

赤ちゃんはお母さんの話す言葉、歌う声を聴いています。

 

ことばをどんどん吸収し、季節も空気も、

楽しい気持ちもうれしい気持ちも、

きっとお母さんと共有して学んでいます。

 

いろんな歌とともに赤ちゃんに幸せな時間を届ける絵本です。

そして、お母さん自身も赤ちゃんと過ごす時間を

楽しむ手助けになります。

 

あかちゃんのうた の購入はこちら ⇒

 

 

あかちゃんのうた 絵本の読みきかせ方

作者の松谷みよ子さんはこの絵本のことょ

スポンサーリンク

下の子が生まれたころの、ひとりごとのようなもの

とおっしゃっています。

 

松谷みよ子自身がお子さんとのコミュニケーションの中で

自然とでてきた歌なんでしょう。

 

ですから、聞いたことのない歌もあります。

でも、赤ちゃんとのコミュニケーションが第一だから、

好きなように歌っていいですよ。

 

私は聞いたことのある歌があんまりなかったので、

聞いたことのない歌は普通に読み聞かせのように読んだり、

リズムを勝手につけて歌ったりしていました。

 

ところどころ、こんなふうにしながら歌うといいかとか、

遊び歌のやり方が書いてあるのでそれを参考にするのもいいです。

 

読み方は自由に!

歌が下手だと自信がない人でも、好きなように歌ってOKです。

 

あかちゃんのうた 絵本の効果と感想

あかちゃんのうたの中で私が知っていた歌は、

・おつむ てんてん

・ここは おじいちゃんに

・子もりうた

の3つしかありませんでした。

 

しかも、最初の方は知ってるけど後半部分はしらない、

などといったうたもあって、そりゃあもう、勝手にうたってました。

 

私は特に歌が上手いわけではないので、

赤ちゃんにこんな下手くそなうたをきかせていいのかなー。と、

心配になりましたが、あとがきを読んで少し気が楽になりました。

 

赤ちゃんのおむつを替える時も、お散歩に行く時も、

話しかける、というのが大事なんだと思いました。

 

いつでもどこでも、コミュニケーション取るのが

赤ちゃんとのかかわりでは大事で、

この本に出てくる歌を歌いながらおむつを替えたり、

向き合って遊んだり、抱っこして歌ったりすると、

いつでも赤ちゃんに話しかけられます。

 

あとがきによると

小さなこどもの言葉を教えるのは

「語学」として教えるのではなく、

「人生」を教えることなんだそうです。

 

おむつを替える時も、散歩に行く時も、

言葉もなくただお世話をするだけでは赤ちゃんに何も伝わりません。

 

この本に出てくる歌を歌いながら、

オムツを変えるのと無言でオムツを替えるのとでは、

赤ちゃんに人間である喜びを伝えられる、

人生を受け止めることができるというのが大きく変わってきます。

 

家族と触れ合い、抱っこされたり、くすぐられたり、

笑いかけられることで赤ちゃんも喜んだり、動いたりします。

赤ちゃんと幸せな時間を過ごすことができるんです。

 

こうした時間を過ごすことで、赤ちゃんは

言葉の発達や感覚や運動神経、音楽的感覚が育っていきます。

 

普段使う言葉であかちゃんとコミュニケーションをとる中で

言葉だけでなく、心の豊かさまで伝えられるんです。

 

赤ちゃんに語りかけるっていうのはとっても大事なんですよね。

この絵本だけでなく、いろんな絵本を読み聞かせることでも、

赤ちゃんや幼児とコミュニケーションがとれて、

さまざまな感覚を豊かにすることができます。

 

何より、赤ちゃんと一緒にいる大人の方も

幸せな時間をもらうことができるんです。

 

赤ちゃんとコミュニケーションをして

楽しい幸せな時間を過ごすのに役立ててくださいね。

あかちゃんのうた購入はこちら ⇒ あかちゃんのうた改版 (松谷みよ子あかちゃんの本) [ 松谷みよ子 ]

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました