あっぷっぷ(ひかりのくに)絵本のあらすじ・対象年齢・ねらい・読み聞かせのコツ

「あっぷっぷ」という

あかちゃん絵本を

知っていますか?

 

あかちゃんあそぼシリーズとして

ひかりのくにからでている

赤ちゃん向けの絵本です。

 

「だるまさん、だるまさん、

にらめっこしましょ、

わらうとまけよ、

あっぷっぷ」

 

というフレーズは、

子どもの頃に

聞いたことがあるのでは

ないでしょうか。

 

今回は、「あっぷっぷ」の

絵本のあらすじ・対象年齢、

ねらい・読み聞かせのコツを

紹介していきます。

スポンサーリンク

あっぷっぷ 絵本のあらすじ

だるまさん、おさるさん、

ぶたさん、おかあさんと

つぎつぎににらめっこを

していきます。

 

「だるまさん、だるまさん、

にらめっこしましょ、

わらうとまけよ、あっぷっぷ」

の言葉にあわせて

イラストで頬を膨らませて、

そして次のページで

「わらっちゃったぁ」と

みんなが笑います。

 

ぶたさんは、ただ笑うのではなく

「ぶひひひ」と笑うのが

またぶたらしくて面白くなります。

 

最後のおかあさんは

連続であっぷっぷと

顔を変えてくれます。

 

この絵本は、

「だるまさん、だるまさん、

にらめっこしましょ、

わらうとまけよ、

あっぷっぷ」

「わらっちゃった」

ただそれだけの繰り返しです。

 

いろいろな動物とのにらめっこで

あっぷっぷの時の顔と

そのあとの笑った顔が

子どもの興味をひく作品になっています。

 

絵を見ているだけでも

とても面白い絵本です。

あっぷっぷ 読み聞かせのコツ

 

あっぷっぷの読み聞かせのコツは

スポンサーリンク

なんといってもそのリズムの良さです。

 

歌うように読んでいき、

あっぷっぷ、で少し間をおいて

そしてページをめくって

笑っちゃった~とやることです。

 

その少しの間が、

次の「笑っちゃった」をより

面白いものにしてくれます。

 

膝にのせて読むよりは、

お互いの表情が見えるように

子どものすわった向かい側で

お話し会などのように

読み聞かせるほうが反応を見れますし、

こちらの表情もわかってもらえるので

いいと思いますよ。

 

子どもが変な顔をすることを

理解できるようになれば

あっぷっぷ、のところで変な顔を作って

一緒に遊ぶのも楽しいですね。

 

とにかく表情豊かに、が

読み聞かせのコツになります。

 

本と比較してもいいですし

本とは関係なくおまけでやっても

盛り上がります。

親子のコミュニケーションにも

とても利用できる1冊です。

 

また、表紙と裏表紙でも

あっぷっぷと

わらっちゃったができるので

本をひっくり返して読むことも

できます。

 

お母さんのところは

読み聞かせるのがお母さんであれば

自分の顔で子供に見せても

面白いと思いますし

お父さんに置き換えたりしても

楽しいのではないでしょうか。

あっぷっぷ 絵本の対象年齢とねらい

 

「あっぷっぷ」の対象年齢は

0歳~2歳です。

赤ちゃん向けというだけあって

低年齢でも楽しむことが

できるようになっています。

 

1歳ぐらいの方が、読んでいる側も

反応を見やすいと思います。

レビューを見ていると

多いのは1歳半ぐらいへの

読み聞かせもされています。

親子で楽しく笑顔になれる、

そんな遊び絵本です。

 

いないいないばあ、をして

子どもが反応するようになれば

あっぷっぷをしても

夢中になることができるのでは

ないでしょうか。

 

1度やると、2~3回は

繰り返しを要求されます。

そのぐらい子どもには

気に入られている本です。

 

保育園で読まれることも多く

子どもであれば

大体が知っているぐらいの

有名な絵本なので

ぜひ親子で楽しんでみては

いかがでしょうか。

 

まとめ

 

「あっぷっぷ」の絵本のあらすじ、

対象年齢・ねらい・読み聞かせのコツを

紹介してきました。

 

「あっぷっぷ」は親子で楽しく

遊びながら読める本です。

 

ぜひ子どもの初めての読み聞かせにも

おすすめですので購入してみては

いかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました