だるまちゃんとてんぐちゃん 内容・読み聞かせ方・対象年齢

子どもって自分が持ってないものを誰かが持っている

同じものを欲しがりますよね?

 

だるまちゃんも子どもらしくてんぐちゃんが

持っているものを欲しがります。

 

子どもと等身大のてんぐちゃんは絵本の中のお友達のよう。

読んで楽しい「だるまちゃんとてんぐちゃん」の内容、

対象年齢、読み聞かせ方と感想、

わが家の子供たちの反応を紹介します。

 

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

 

だるまちゃんとてんぐちゃん絵本の内容・作者・出版社・対象年齢

だるまちゃんとてんぐちゃんの内容

だるまちゃんはてんぐちゃんと遊んでいました。

ふと、てんぐちゃんが持っているものが気になります。

 

てんぐちゃんに聞いてみるとそれは「うちわ」。

早速家に帰って、お父さんにてんぐちゃんのような

うちわが欲しいといいます。

お父さんはたくさんのうちわを出してきてくれます。

床の上にはたくさんうちわが並んでいます。

 

でも、どれもてんぐちゃんの欲しいうちわとは違っています。

そんな時、ふと目に入ったのがやつでのはっぱ。

 

だるまちゃんはうれしくなっててんぐちゃんに見せに行きます。

てんぐちゃんは「いいもの みつけたね」と言ってくれますが、

今度はてんぐちゃんの違うものが気になって…

 

だるまちゃんはてんぐちゃんが持っているものが

次々と気になり、そのたびにお父さんに

てんぐちゃんのような○○が欲しいと言います。

 

毎回お父さんはたくさん用意してくれるけど、

どれもちょっと違っていて、

けれど、そのたびにだるまちゃんはいいひらめきをします。

 

子どもの希望に一生懸命に答えようとするお父さんと、

いいひらめきをするだるまちゃん。

 

親の愛情と発想力豊かな子どもと、

物がたくさん出てきて楽しい絵本です。

 

だるまちゃんとてんぐちゃん絵本の情報

【作          者】 加古里子(かこさとし)

【       絵      】 加古里子(かこさとし)

【出   版   社】 福音館書店

【大   き   さ】 20×27cm

【ペ ー ジ 数】 28p

【初版年月日】 1967年11月20日

【対 象 年 齢】 3歳から

 

だるまちゃんとてんぐちゃん 絵本の読み聞かせのポイント

てんぐちゃんは いい 〇〇をもってるねてんぐちゃんのような○○がほしいよう

こんな〇〇じゃないんだけど

だるまちゃんはいいことをおもいつきました

いい〇〇があったね

 

これらのセリフが繰り返されます。

だるまちゃんはてんぐちゃんが持っているものが

うらやましくて、お父さんに〇〇が欲しいようと

おねだりをします。

 

そこはやっぱり、甘えた感じで読みました。

 

「こんな〇〇じゃないんだけど」 のところは、

お父さんがたくさん似たようなものを

集めて探してくれたので、大きい声ではいえません。

ぼそっと言う感じで読むといいですよ。

 

だるまちゃんがいいことを思いついたときは

ひらめいた!という感じで嬉しそうに。

 

いい〇〇があったね

と てんぐちゃんが言うところは、

よかったね!という気持ちをこめて嬉しそうに。

 

そして、似たような言葉が繰り返されるので、

毎回同じ感じに読むと、お約束といった流れになり、

ちょっと変えてみるとお話の中でイキイキとした感じになります。

 

わが家の娘たちは似たようなセリフのところは、

だんだん大げさに読んだ方がくいついてきました。

スポンサーリンク

 

だるまちゃんとてんぐちゃん絵本の感想と子供たちの反応

だるまちゃんが欲しいといったものは、

お父さんはどんなものでもたくさん集めてくれます。

どれかだるまちゃんが気に入るんじゃないかと

思っているようです。

 

なんとかして希望を叶えてあげたい、という

親心も見えて、まるで自分と子供の関係のようで

親近感がわきます。

 

子どもたちはだるまちゃんがてんぐちゃんのようなものが

欲しいというたびに、たくさんの種類を集めてくれます。

うちわだったらいろんなうちわや扇子まで。

帽子と言えば、洋風なものから和風なもの、

新聞紙で作ったかぶとまであります。

 

まずはどんな〇〇があるのかよく見て、

たくさんのものの中で自分はどれが好きか?

どの〇〇〇が一番面白いか?

などを言い合うのが楽しそうでした。

 

そして、てんぐちゃんのものと似たようなものを

毎回ひらめくところは発想の素晴らしさがあります。

子どもの頭って柔軟ですね。

 

てんぐちゃんのような下駄を見つけたところとでは、

「おー、なるほど。確かに、似てる」

なんて新たな発見がありました。

 

おわりに

だるまちゃんがいいアイデアを出すところは、

こんなんじゃないんだけどな…と言っているページに

載っていものなので、だるまちゃんがどれを使ったか?

なんてクイズにもできます。

 

描かれている絵を隅々まで見て、

推理力を働かせるのも楽しいですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました