「どんどこももんちゃん」の絵本のあらすじ狙い・読み聞かせのコツと感想、シリーズ紹介

赤ちゃんが歩けるようになったり

自分で動けるようになってくると、

可愛い反面、ママは大変になりますよね。

 

そんなママにおススメなのが「どんどこももんちゃん」の絵本です。

ここではあらすじや狙い、読み聞かせのコツや感想、

大人気のシリーズまで紹介しちゃいます!!

 

ももんちゃんは「うちの子にそっくり」

と思えてしまう可愛らしさと、

たくましさをもった赤ちゃんが主人公の絵本です。

 

「どんどこももんちゃん」は子供も楽しめますが、

読めば読むほど子供への愛情があふれてきて、

ママの気持ちがスカッとして

明るい気持ちにさせてくれる不思議な絵本です。

 

小さな子どもをもつママに人気の「どんどこももんちゃん」。

子どもを楽しませるだけでなく、ママを元気にしてくれる一冊です。

 

「どんどこももんちゃん」のあらすじと、

読み聞かせのポイント、子どもの実際の反応を紹介するので

ぜひ参考にしてくださいね。

 

どんどこももんちゃん 絵本の情報

【作 者】とよた かずひこ

【 絵 】とよた かずひこ

【出 版 社】童心社

【大 き さ】B5変形判 21×18.7cm

【ペ ー ジ 数】24p

【初 版年月日】2001年9月

【対 象 年 齢】2歳から

 

「どんどこももんちゃん」絵本のあらすじ(内容)と狙い

大きな頭におむつ1枚。

ピンク色の可愛らしい顔の赤ちゃんが主人公です。

 

「どんどこ どんどこ どんどこ どんどこ

ももんちゃんが いそいでいます」

 

ももんちゃんは急いでどこかに向かっています。

ひとりで橋を渡り、坂道をのぼり、

やっとたどり着いた山の上では大きなくまさんがとおせんぼ。

 

すると…、「どーーん!」

 

ももんちゃんはくまさんを投げ飛ばし、どんどこ進みます。

 

「どちっ」 たいへん! ころんで頭をぶつけっちゃた。

 

でも、ぐっとがまん。

 

そして、ももんちゃんが急いだ先でまっていたのは…?

 

簡潔で大胆な展開と、声に出して気持ちのいいリズミカルな言葉に、

あっという間に最後のシーンまで引き込まれていきます。

 

最後は「そうだったのね」とにっこりしてしまうことでしょう。

 

ももんちゃんの人気の秘密は、読めば読むほど楽しくて

ももんちゃんが可愛くなってしまうところ。

 

ももんちゃんの明るさとたくましさに、

ママの気持ちも明るくさせてくれます。

 

そんなママに読んでもらう「ももんちゃん」は

子供にとっても嬉しくてたまらない時間になることでしょう。

スポンサーリンク

どんどこももんちゃん (ももんちゃんあそぼう) [ とよたかずひこ ]

楽天で購入

 

 

「どんどこももんちゃん」 読み聞かせのコツ

「どこどこももんちゃん」は同じ言葉が繰り返しでてきて、

自然とリズミカルに読めてしまいます。

 

子どもは同じ言葉の繰り返しが大好きなので、

「どんどこ どんどこ」と軽快に読み進めていきましょう。

 

「どんっ」や「どーん」「ど ど ど…。」

と音で表現されているの箇所が多く、

読み方によって子どもも笑ってしまうことでしょう。

 

大きな声にしてみたり、早く読んだり、間をあけたり…。

 

シンプルな言葉で書かれている分、どんな読み方にするか?

子どもの反応に合わせて読んでみてください。

 

実際に声に出して読んでみると、

この絵本の魅力に気が付くと思いますよ。

 

「どんどこももんちゃん」の感想と子どもの反応

可愛らしいももんちゃんが「どんどこ どんどこ」進んでいく様子に

「まだすすむのー?」「どこいくのかな?」

と絵本に惹きつけられていました。

 

「どちっ」とか「どん」などの音の表現が楽しいようで、

ニコニコ笑いながら読んでいます。

 

最後のページでは子どもも「ももんちゃん」のようになってしまい、

私も優しい気持ちになれました。

 

「どんどこももんちゃん」シリーズの紹介

ママにも人気があるももんちゃんですが、

 

「ももんちゃん あそぼう!シリーズ」はたくさんあります。

 

「ももんちゃんシリーズ」の魅力は読んだときのテンポや間のよさ。

 

「どんっ」や「のっしっつし」「ぽっぽー」など、繰り返しでてくる言葉の面白さに

何度読んでも飽きない楽しさがあり、このシリーズにはまってしまうママも多いのです。

 

・「ぱかぱかももんちゃん」

・「おんぶおんぶのももんちゃん」

・「おんなじおんなじももんちゃん」

・「なでなでももんちゃん」

・「ももんちゃんぴょーん」

・「まてまてももんちゃん」

・「ももんちゃんしー」

・「ぱたぱたももんちゃん」

・「ももんちゃんぎゅっ!」

・「こちょこちょももんちゃん」

・「どろんこももんちゃん」

・「ゆーらりももんちゃん」

・「ももんちゃんあーん」

・「ももんちゃんぽっぽー」

・「ももんちゃんえーんえーん」

・「ごくらくももんちゃん」

・「かくれんぼももんちゃん」

・「ももんちゃんのっしっし」

・「すりすりももんちゃん」

・「ももんちゃんどすこーい」

・はじめましてのももんちゃん(3冊セット)

・ももんちゃんのポップアップえほん おめでとうのももんちゃん」

・ももんちゃんあそぼう(既10冊)

 

どの絵本も「ももんちゃん」の可愛らしさと、繰り返される言葉の楽しさがあります。

 

子どもと一緒に、お気に入りの「ももんちゃん」を見つけてくださいね。

 

おわりに

 

ママに人気がある「ももんちゃんシリーズ」。

 

絵本を読むのが苦手でも、自然と楽しく読み進めることができる魅力的な絵本です。

 

ももんちゃんの可愛らしさと、リズミカルな言葉を

親子で一緒に楽しんでくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました