へんしんトンネル 絵本のあらすじと対象年齢と感想 評判がとてもいいわけ

へんしんトンネルはへんしんシリーズの第1巻。

リズミカルな言葉がトンネルをくぐると

あら不思議。違った言葉に変身です。

 

面白い絵と意外な変身に、驚きとワクワクがつまった

楽しい言葉遊びの絵本です。

 

そんな面白いへんしんトンネルのあらすじ、内容

評判の紹介をしています。

 

一度読めば大人もハマる楽しい絵本です。

 

 

へんしんトンネル 絵本の情報

【タイトル】 へんしんトンネル

【作  者】 あきやまただし

【  絵  】 あきやまただし

【出版社】 金の星社

【大きさ】 24.6×21.5cm

【ページ数】 32p

【初版年月日】 2002年9月

【おすすめ時期】 2歳から

スポンサーリンク

 

絵本のあらすじ

言葉遊びの絵本になっています。

かっぱ かっぱ かっぱ かっぱ…

と繰り返していると違う言葉に変身します。

 

言葉がトンネルを通り過ぎると違うものになっている、

という仕組みです。

 

例えば、かっぱ かっぱ かっぱ かっぱ…

は、かっぱがトンネルに入っていくと、

ぱかっ ぱかっ ぱかっ ぱかっ…と

馬になってでてきます。

 

いろんな言葉がトンネルをとおると変身してでてくるお話です。

他の言葉は何に変身しちゃうのか…

 

へんしんトンネル 登場人物

へんしん前の登場人物を紹介します。

 

・かっぱ

・時計

・ぼたん

・ロボ

・こら(と言っている人)

・えり(ちゃん)

・ちょこ

・ぶーちゃん

・うほ(ゴリラの声)

 

絵本の対象年齢

出版元の金の星社と絵本には対象年齢が書かれていません。

絵本がたくさん紹介されている絵本ナビでは

3歳の子に読み聞かせた人が多いです。

 

一番小さくて1歳、一番大きくて10歳の子供に対して

読み聞かせている人がいました。

 

私は三女が3歳ころに読み聞かせました。

我が家の場合だと9歳6歳3歳に同時に読み聞かせをしたので、

絵本ナビの対象年齢とほぼ同じです。

 

もちろん、上の二人も楽しんで聞いてくれました。

大きくなっても言葉のリズムと変化を楽しめます。

 

へんしんトンネル 絵本の読みきかせ方


絵本の表紙をめくったところに、

絵本には珍しく「使用上の注意」が書かれています。

 

言葉が変身していくだけに、ちょっとした「わざ」が

必要になってくるからです。

 

注意点は2つ。

 

1つ目は、ある言葉を繰り返し読んで、

違う言葉に変身するまで上手に読むこと。

 

言葉の変身のコツはある言葉を続けて読んでいくうちに、

言葉の切れ目をうまく変えることです。

 

かっぱの場合では、

「かっぱ かっぱ かっぱ かっ ぱかっ ぱかっ ぱかっ」

という具合に、言葉の切れ目をスムーズに変えること。

 

ここが上手くできれば、同じ言葉の繰り返しなのに、

いつの間にか違う言葉に変身している、

という演出ができます。

 

これは練習あるのみ!!

でも、何度も続けて読んでいると意外と自然にできちゃいます。

 

2つ目はページをめくるタイミング。

言葉が変身するタイミングにあわせてページをめくること。

ページをめくって言葉が変わった後は、

少しゆっくり読むと言葉が変化した!!って分かりやすいです。

スポンサーリンク

 

絵本の感想・効果

同じ言葉をリズムよく読んでいると楽しいようで、

すぐに真似をして言い出しました。

 

そして変化した後の絵も面白くて笑ったり。

裏表紙にもまだまだこんなのがあるよ!!

と、他の変身言葉が紹介されています。

 

そして、自分で作ってみよう!!と書いてあるので、

親子で一緒に探すのも楽しいです。

 

読んであげるのも楽しいし、

3歳くらいだと自分で読めます。

 

楽しく言葉遊びをしているうちに、

自然と言葉に興味をもつようになります。

 

へんしんトンネル 絵本の評判

2歳くらいだといつの間にか言葉が変身した!!と

驚き、3歳くらいだと読み進めているうちに

だんだんとどういう風に変身しているのかが理解できるようになり、

次のページを楽しみにして聞くようになります。

 

読み聞かせているとケラケラ笑い、

ツボにはまったよう。

子供に大うけでした。

 

言葉の遅れの指摘を受けた子供に読み聞かせると、

一生懸命声に出して真似をして発音練習のきっかけになりました。

 

言葉遊びの楽しさを伝えてくれるので幅広い子供におすすめ。

 

作者の秋山さんはアドリブOK!オーバーな身振り手振り

なんでもOK!とおっしゃっています。

読み聞かせをする人は自由に読み聞かせを!!

 

子供たちの発想は豊かで読み聞かせが終わると

すぐに変身言葉遊びになりました。

 

読み聞かせでは外さない。言葉が分かる子だとすぐに変身の

法則に気が付きます。

 

などなど、高評価がほとんど。

ほとんどの人が子供たちが楽しく言葉遊びができて、

受ける!!といっています。

 

我が家でも子供の目がキラキラして

ワクワクしているのが伝わってきた絵本です。

 

へんしんシリーズ 最新情報

へんしんシリーズは2020年3月9日現在で

全18巻あります。

 

最新刊は「へんしんたんてい」 2018年6月発売です。

 

てーたんがどんな問題も解決しちゃう笑える言葉遊び絵本。

 

へんしんシリーズ18巻の紹介

  • へんしんトンネル
  • へんしんトイレ
  • へんしんマラソン
  • へんしんオバケ
  • へんしんコンサート
  • へんしんとびばこ
  • へんしんプレゼント
  • へんしんマジック
  • へんしんクイズ
  • へんしんマンザイ
  • へんしんかいじゅう
  • へんしんおんせん
  • へんしんレストラン
  • かえってきたへんしんトンネル
  • へんしんマーケット
  • へんしんおてんき
  • へんしんテスト
  • へんしんたんてい

 

 

まとめ

 

へんしんシリーズは言葉の変化と面白い絵、

リズミカルな言葉の繰り返しや面白いキャラクター

がでてきて、楽しく言葉の世界に子供たちを引き込みます。

 

遊びながらいろんな言葉について考えるきっかけになる

楽しい絵本です。

 

意外と大人もはまります。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました