へんしんマジック あきやまただし 絵本のあらすじと感想・対象年齢

あきやまただしさんのなんともほっこりする絵、

そして上手く言葉が変身していく「へんしんシリーズ」は

子どもたちも大好き!

 

Eテレで人気のはなかっぱの作者だけに、

へんしんシリーズのキャラクターたちも

どこか似ています。

 

そんな愛すべきキャラクターが紡ぎだす言葉のマジック、

「へんしんマジック」

 

この記事では、この「へんしんマジック」のあらすじと、

感想・読み聞かせの対象年齢、わが家の娘たちの

実際の反応を紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

へんしんマジック 絵本のあらすじ・作者・出版社・対象年齢

へんしんマジック あらすじ

へんしんシリーズ第8弾。

てんさいマジシャンのかっぱくんが繰り広げる

へんしんマジック。

子どもたちはまたとりこになること間違いなし!!

 

まずは何にもはいっていない箱の登場。

ここにかっぱくんがごまをいれます。

呪文を唱えて出てきたものは…孫。

 

もう、仕組みはお分かりの通り。

いろんなものを箱に入れると意外なものが

次々でてきて、最後はかっぱくんが入ります。

 

さてさて、かっぱくんは何に変身したんでしょうね?

スポンサーリンク

 

へんしんマジック 絵本の情報

【作         者】 あきやまただし

【       絵      】 あきやまただし

【出    版  社】 金の星社

【大   き   さ】 24.6×21.5cm

【ペ ー ジ 数】 32p

【初版年月日】 2008年8月

【対 象 年 齢】 2歳から

読み聞かせなら2歳からでも大丈夫です。

自分で文字が読めるようになったら、

一人で読むのもおすすめです。

へんしんマジック 絵本の感想・反応

へんしんマジックはとにかく「読み方」が大事

使用上の注意にもあるように、

ちょっとした技が必要なんです。

 

その技とは、箱にいれる言葉を

繰り返し続けて読んで、うまく変身する言葉に

つなげること。

 

言葉によってすんなり変身させられるものと、

そうでないものがあり、ちょっと練習が必要なものも。

 

変身させる言葉を読みながら、

変身後の言葉を思いながら読む

上手くつなげやすくなります。

 

おわりに

言葉遊びが楽しい絵本です。

変身した後の言葉と絵がぴったりで、

面白い絵本です。

 

少し大きくなって文字が読めるようになったら、

自分で声を出して読むとまた楽しいです。

自分でうまく変身させられたら、

子どもはちょっと得意げになってました^^

 

裏表紙の内側にもおまけのマジックショーがあるので、

ぜひ、隅から隅まで読んでほしい絵本です。

 

■関連記事■

へんしんトンネル 絵本のあらすじと対象年齢と感想 評判がとてもいいわけ

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました