いないいないばあ(松谷みよ子)絵本のあらすじ 怖いってホント?登場人物や何歳からか紹介

「いないいないばあ」絵本の情報

【作 者】松谷 みよ子

【 絵 】瀬川 康男

【出 版 社】童心社

【大 き さ】21cm×18.6cm

【ペ ー ジ 数】20p

【初 版年月日】1967年4月15日

【対 象 年 齢】0歳から

 

松谷みよ子さんの「いないいないばあ」は

瀬川 康男さんの絵が特徴で、

この絵を怖い!!と感じる人もいるらしいけど

ホント?

 

登場人物や絵本のあらすじや感想などもまじえつつ

効果や我が家の子供たちの反応、

また、「いないいないばあ」のあらすじや

対象年齢はいつからか、絵本の中身を紹介します。。

スポンサーリンク

▼その他0歳からの絵本▼

0歳児からの読み聞かせにおすすめの絵本

 

いないいないばあ 絵本のあらすじと特徴

「いないいないばあ

にゃあにゃが ほらほら いない いない」

と始まって、ページをめくると

「ばあ」

 

その次はくまちゃんが、ねずみが・・・と続きます。

子供たちの大好きな動物たちがでてきて、

次々に「いない いない ばあ」をします。

そして、さいごは「のんちゃん」が

いないいないばあをします。

 

この色々な動物による「いないいないばあ」の

繰り返しが内容となっています。

 

そして、特徴は優しいタッチの絵と

目がぱっちりした動物たちの表情が豊かなところです。

 

 

いないいないばあ 絵本の読み方 思い切りが大事

子供がいる親なら誰でも一度はやったことがある

いないいないばあ遊び。

 

昔からある遊びで、おばあちゃん世代もやった遊び。

子供はこの単純な遊びが大好きです。

 

いろいろな動物たちがかわるがわる出てきて、

「いないいないばあ」を繰り返します。

 

まだ言葉で伝えてこない赤ちゃんに向かって

本気で「いないいないばあ」をするのは

ママ、パパになりたての頃はなかなか恥ずかしさがあったりしますが、

(ほかに誰かが見てなくてもね)

ここは、思いっきりやりましょう。

 

ちょっとくらいオーバーな感じで

「いないいない」から少しためてページをめくり、

思いっきり「ばあ」

 

スポンサーリンク

赤ちゃんはきっと「きゃっきゃ」と喜んでくれます。

 

いないいないばあ 絵本の口コミ・感想 はじめてのふれあい遊び

初めて読んだとき、私にとっては

ただただ、「いないいないばあ」の繰り返しで、

娘は楽しいんだろうか??

と思っていました。

 

対象年齢は0歳からだけど、0歳と言っても

月齢で全然違います。

 

最初は4ヶ月頃から読み聞かせたように思います。

話しかけても返事のない赤ちゃんに語り掛けるのは

私にとっては「独り言を言っている」ような気がしていました。

 

初めての子育てで、頼れる親も近くにいない、

夫の転勤で初めて住む土地に知り合いもいない、

二人兄弟の妹として生まれた私には、

小さい子のお世話をした記憶もない、

夫は毎日仕事に飲み会に夜遅い。

 

一人で不安な中での子育てでした。

 

絵本は赤ちゃんとどう接したらいいか分からない私にとって

一番やりやすいふれあいでした。

 

ただ、もともと独り言を言わない私にとっては

絵本を読んだからと言って

赤ちゃんは何か感想を言ってくれるわけでもなく、

自分が独り言をいっているような感じが、

なんだかむなしい感じだったのを覚えています。

 

それでも赤ちゃんと何をして遊んだらよいのか分からなかったので、

自分が一番やりやすい「絵本の読み聞かせ」をしていたんです。

 

いないいないばあ も初めは私自身が乗り気じゃなかったけど、

一生懸命気持ちを込めて呼んでいるうちに

反応してくれるようになってきて、

毎日読んでいるうちに「ばあ」というところを

楽しみにしてくれるようになりました

絵本の効果はみるみる分かるようになってきました。

 

お座りができるようになったころには

自分の顔を手で隠して「ばあ」とマネをしていました。

まだちっちゃな手では顔が隠しきれてないんですけどね^^

 

とてもうれしそうで、楽しそうで、

見ているこちらも楽しくて。

 

赤ちゃんには通じているんだろうか?

という不安は吹っ飛んで、

何度も何度も読みました。

 

他の赤ちゃん絵本と同様に、一日何度も。

 

絵本を指さしたり、声をだして笑ってくれたり、

そのうち自分でページをめくるようになり、

赤ちゃんとの楽しい時間を過ごせるようになりました。

 

初めて赤ちゃんに読み聞かせてあげる本として

ぴったりです。

 

50年以上読み継がれていて、

定番の赤ちゃん絵本です。

 

正直、初めて見た時は、クマちゃんの絵が

「全然、かわいくない」と思いました。

これが怖いとか、泣くとか言われている原因かな?

と思います。

 

でも、見慣れてくると、ベタ塗りでない色合い、

1ページに一つの動物、

各パーツがはっきりしていて分かりやすいデザイン、

大きくなるとデジタルなものに触れるのが多くなっていく

今の時代に生まれてきたなら、

いっそう触れておいてほしい優しいタッチの絵だ

と思うにようになりました。

 

動物も「ねこ」や「いぬ」など身近な動物から

「くま」や「ねずみ」もでてきます。

動物たちの名前も一緒に覚えられるし、

ページをめくると、「ばあ」をした動物がでてくる、

という期待感も出てくるようになります。

 

先の展開を知ってて楽しい、

めくる時の「間」も楽しい、

子供と一緒に遊ぶ絵本だと

 

20ページの本なので薄くて持ち運びにも便利です。

実家に帰省する時、旅行に行く時、

外食した時の待ち時間にと活躍が多い本です。

 

いつでもバッグに入れて持ち歩けます。

おじいちゃんやパパにも読み聞かせてもらいやすい絵本ですよ。

 

おわりに

まだ言葉をしゃべらない時もこれをやれば

ニコニコ間違いなし。

 

はじめての子育ての新米パパとママには

赤ちゃんと一緒に楽しめるおすすめの人気絵本です。

 

寝かしつけの絵本としては

もうねんねの方が眠気を誘っておすすめです。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました