いないいないばああそび 絵本あらすじ・読み聞かせのコツ・対象年齢

あかちゃんの遊び絵本として

とても人気のある

「いないないばああそび」

 

「いないないばああそび」は

色々な動物といないいないばあをする

遊び絵本です。

 

図書館や児童館、保育園など

いろいろなところで

目にすることも多いので

見たことがあるかもしれませんね。

 

今回はこの絵本の

あらすじや読み聞かせのコツ、

対象年齢などを紹介していきます。

スポンサーリンク

いないいないばああそび 絵本のあらすじ

「いないいないばああそび」は

ページをめくると

いろいろな動物が次々と

いないいないばあをしてきてくれます。

 

顔を隠した動物が

いないいないばあにあわせて

顔を出してくれます。

 

ネコ、犬、ひよこ、怪獣。

そして女の子がでてきて

最後に出てくるのは

お母さんと思いきや・・・?

 

最後に少しだけくすっとなる

仕掛けがあって

それも楽しめるポイントです。

 

ただいないいないばあを

するだけの絵本なのですが

子どもが気に入ること間違いなしの

繰り返し読まされる絵本です。

 

いないいないばああそび 絵本 作者・対象年齢・出版社情報

「いないいないばああそび」は

偕成社から出版されている

あかちゃんのあそびえほんという

シリーズの1冊です。

 

ほかにも

「ごあいさつあそび」や

「いただきますあそび」など

子どもに生活習慣を

身に着けさせることを目的とした

絵本とされています。

 

対象年齢は0歳~2歳です。

赤ちゃんの頃から

楽しむことができる絵本として

とても人気があります。

 

作者はきむらゆういちさんです。

「きむらゆういち・しかけ絵本」

シリーズを書かれた作者さんで、

「あらしのよるに」などが代表作です。

 

かわいい動物のイラストと

シンプルな文章が

子どもの興味をひいてくれます。

 

いないいないばああそび 絵本 読み聞かせのポイント

「いないないばああそび」の

読み聞かせのポイントは

顔を隠しているページと、

その顔だけがめくれるという

上下にめくれる仕様をいかし

じらしたり様子を見たりしながら

いないいないばあを

すすめていくのが楽しい読み方です、

 

ネコや犬、ひよこ、怪獣など

子どもになじみやすい

動物たちがでてくるので

動物の鳴き声で

いないいないばあをするのも

いいのではないでしょうか。

 

いないいないばああそび 絵本の感想

慣れてくると、早く見たくて

スポンサーリンク

子どもがページをめくろうとするので

あっという間に終わりますが

それでもまた何度も

よまされる面白い絵本です。

 

17cm×15cmという

お出かけのお供にできる

ボードブックも

出版されています。

 

ベビーカーに付けたり

外に手軽に持って行って

子どもに見せたりすると

出先でも楽しんだり

子供をあやすことができます。

 

1歳ぐらいになれば自分でめくることも

できるようになるので

いないいないばあができて楽しいです。

 

材質もボードブックの方が

しっかりしているので

何度も読むことになる本として

おすすめです。

 

また、偕成社のホームページから

このあそびえほんシリーズに出てくる

動物のハンドパペットを

購入することもできます。

1体1500円になりますが

楽しみの一環として購入してみても

いいのではないでしょうか。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

「いないいないばああそび」の

あらすじや読み聞かせのコツ、

対象年齢などを

紹介してきました。

 

赤ちゃんから楽しめる

ファーストックにも最適な

親子でコミュニケーションも取れる

素敵な絵本です。

 

私自身の経験から

素材がしっかりしたボードブックは

本当に子育てのお供として

重宝します。

 

子どもは本当に

「いないいないばあ」遊びが

好きです。

言葉や文字がわからない

赤ちゃんでも絶対に

面白くて気に入る絵本なのは

間違いありません。

 

ぜひ赤ちゃんや子どもに

読み聞かせる本として

購入を検討してみてはいかがですか?

お孫さんへのプレゼントなどにも

最適ですよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました