きょうはなんのひ? 絵本の内容と感想と子どもたちの反応

 

40年以上読み継がれているロングセラー。

読んでいる大人の方が感動してしまう人が続出。

 

この記事では、そんな「きょうはなんのひ?」の内容と、

感想、わが家の娘たちの反応を紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

きょうはなんのひ 絵本のあらすじ・作者・出版社・対象年齢

きょうはなんのひ あらすじ

まみこが学校に行く前に玄関でお母さんに言います。

「今日は何の日だかしってるの?

しーらないのしらないの、

しらなきゃ 階段 三段目」

 

お母さんが階段の三段目を見に行くと、

そこには赤い紐を結んだ手紙がありました。

 

そして、その手紙にはケーキの箱を見るように

書いてあります。

 

ケーキの箱を見るとまた手紙があり、

玄関の傘立ての中を見るようにかいてあります。

 

こうして、手紙はどんどん続き、

手紙の場所はちょっと謎解きになっていたり、

お父さんにも関係していたり、

そして最後に素敵なプレゼントが…

 

誰もが心温まる、優しい家族が見えてくるお話です。

 

きょうはなんのひ 絵本の情報

【作          者】 瀬田 貞二

【        絵     】 林 明子

【出    版  社】 福音館書店

【大    き  さ】 25×21cm

【ペ ー ジ 数】 32p

【初版年月日】 1979年8月10日

【対 象 年 齢】 5歳から

 

きょぅはなんのひ? 絵本の感想と反応

この絵本のことはもうすぐ50になろうかという

私もよく覚えています。

 

確か、小学生の頃にどういうわけか、

近所のおばちゃんに頂きました。

 

これを読んで子どもながらに、

なんてすごいアイデアなんだろう!!

と思ったのを今でも覚えています。

 

そして、皆さんがやってるように、

私もこの手紙をまねてやりました。

やっぱり、一度はやりたくなりますよね~。

 

そして、大人になって私が子どもに読み聞かせる

ことになりました。

 

幼児教育のセットを購入した時に

この絵本が入っていたんです。

 

すぐに「懐かしー」と思い出しました。

はじめて子どもに読んだのはもう、10年以上も前、

その時も、そして今でもやっぱり

いい絵本だなーと思うのです。

スポンサーリンク

 

それは、まみこがお父さんとお母さんが

大好きだという気持ちが伝わるのと、

素敵なアイデアに感心するのと、

まみこの手紙を楽しんでいるお母さん、

優しく見守るお父さん。

 

温かい家庭そのものがここにあります。

家族の幸せの時間っていう感じです。

読んでいるととっても温かい気持ちになります。

 

子どもたちはまみこちゃんがあちこちに手紙を

隠しているのが面白いようでした。

 

手紙探しゲームのように感じたんでしょう。

 

そして、まみこちゃんのように沢山ではないし、

手紙を集めるとある文が出てくる、

という仕掛けもなかったけど、

手紙探しゲームと言った感じで

あちこちに手紙を置く、というのをしてました。

 

一緒にすると楽しいです。

そして、あとから思い出しても、

「あの時、楽しかったなぁ」と

数年たっても思い出せます。

 

そんな幸せな時間もくれる絵本です。

 

おわりに

これを読んだほとんどの人が、

心温まるいい絵本だと言い、

最初は図書館で借りたりしますが、

結局手元に置いておきたくなって買う人続出。

 

それだけ、読んでいる方も、聞いている子どもも

心が動くいい絵本です。

 

これはぜひ、手に取って一度は読んでいただきたいと

自信をもっておすすめできる絵本です。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました