ねずみくんのチョッキ 絵本(上野紀子 作)あらすじと感想 グッズ紹介

1974年の出版から読み続けられている定番のロングセラー本。

 

お母さんが編んでくれたチョッキをきた

ネズミくんが、うれしそうで得意げです。

 

それを見た動物たちが次々にやってきて

みんなねずみくんのチョッキを着たがります。

 

貸したけどどうなったか…

ねずみくんのチョッキの対象年齢、あらすじ、グッズなどを紹介します。

 

スポンサーリンク

ねずみくんのチョッキ絵本の情報

【タ  イ  ト  ル】 ねずみくんのチョッキ

【作         者】 なかえよしを

【    絵   】 上野紀子

【出     版     社】 ポプラ社

【大     き     さ】 24×21.5cm

【ペ   ー   ジ  数】 32p

【初 版 年 月 日】 1974年8月

【おすすめ時期】 2歳(3歳から5歳)

 

ねずみくんのチョッキ 絵本のあらすじ(ストーリー)

お母さんがあんでくれたチョッキが

ぴったりで自慢のねずみくん。

 

そこへ鳥や猿、オットセイ、ライオン…

と次々に動物たちがやってきて、「ちょっときせてよ」と

いうので貸してあげます。

 

すると、だんだんチョッキが伸びてきて…

 

ねずみくんのチョッキ 絵本の対象年齢と読みきかせ方

対象年齢は出版社のポプラ社では3歳から5歳となっています。

私は2歳ころから読み聞かせをしていました。

1ページの文字数は少なく、

繰り返し同じ言葉が出てくるので1歳くらいのお子さんでも

楽しめると思います。

いいチョッキだねちょっときせてよ

 

うん

 

すこしきついが

にあうかな?

このやりとりが続きます。

チョッキを貸して!といってくる動物たちによって

声色を替えて読むといいですよ。

 

そして、「すこしきついが~」のところは

来ている動物たちがだんだん大きくなっていくので

だんだんきゅうくつ感が大きくなるように読むと面白いです。

 

ねずみくんのチョッキ 絵本の感想・効果

ねずみくんの赤いチョッキはお母さんがあんでくれました。

自慢のチョッキをきて「似合うでしょ!」

と言っているといろんな動物たちが

「ちょっときせてよ」とやってきます。

 

気の優しいねずみくんは貸してあげるけど、

着ている動物がだんだん大きくなって、

みんなきつそうだけど無理やり着ています。

 

その時の窮屈そうな表情も面白い。

窮屈そうだけど、なんだかみんな喜んでいるようです。

 

ねずみくんにぴったりだったサイズのチョッキが

最後にはぞうが着ていてすっかり伸びています。

 

現実にはそんなに伸びるはずがないけど、

動物から動物へと渡されていく時に、

少しずつ大きくなっていくから、

お話の中では意外とすんなり受け入れられました。

 

こどもにとってもどんどん動物が大きくなっていくのが

面白かったみたいです。

 

すっかりのびきってねずみくんにぴったりじゃなくなってしまったけれど、

すごく楽しい使い道ができるようになります。

 

これはぜひ、ねずみくんがしょんぼりしているページのその後、

発行者が書かれているページまでめくって読んでみてくださいね。

 

小学校低学年以来読んでいなかった、

今は中学3年生の娘もまだ結末を覚えていました。

 

「そんなに伸びるわけないけど、

最後、すごいよねー」と言っていました。

 

私は自分が子供の頃に読んだ記憶はないので、

多分読んでいないんだと思うけど、

私が子供に読み聞かせを最後にしたのがおそらく6年前。

 

ねずみくんのチョッキ自体はもっと前に読んだと思いますが、

今でもはっきりと内容を覚えています。

 

絵も表紙のデザインもシンプルで、

でも、ねずみくんがかわいくて、

文字は少ないけれど描かれている動物たちの表場が豊かで、

ねずみくんの世界にすぐに入っていけます。

 

描かれているのが動物たちだけで、

文字に書かれているところだけ。

背景が一切ありません。

 

だけど、その余分なところがそぎ落とされた絵だからこそ、

お話の中にすーっと入って行ける絵本だと思います。

 

最初のとりに貸してあげたばっかりに、

とりからサル、サルからオットセイ…と次々に着られる羽目に。

 

すっかりチョッキが伸び切ってしょんぼりしているけど、

誰かに文句を言うでもなく、ただしょんぼりしているねずみくんは

ちょっとかわいそうです。

 

でも、チョッキが伸び切ってしまったおかげで、

楽しいこともできるなんて、ねずくみんよかったねー。

と最後にほほえましくなるストーリーです。

ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの絵本) [ なかえよしを ]

スポンサーリンク

楽天で購入

 

 

ねずみくんのチョッキ シリーズは何冊?

ねずみくんのチョッキシリーズは41冊あります。

その他、しかけ絵本やミニシリーズ、単行本があります。

お出かけに便利なミニ絵本は

⇒ ねずみくんのチョッキ (ねずみくんの小さな絵本) [ なかえよしを ]

 

ねずみくんのチョッキ グッズを紹介

※画像をクリックで販売ページに移動します

 

ねずみくんのチョッキ タオル 幼稚園用にも!!

 

DVD 一人でも見ていられる!!

 

入園グッズに カット済みが便利

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました