にんじん 絵本のあらすじと感想 読み聞かせのコツ

にんじんが好きな動物たちがでてきて、

おいしいと次々に食べています。

 

おなじみの動物たちが美味しそうに食べていると

なんだか「にんじん」が美味しそうに見えてきます。

 

最後ににんじんのすきな元気な子だあれ、と終わります。

そんな絵本について紹介します。

スポンサーリンク

▼その他0歳からの絵本▼

0歳児からの読み聞かせにおすすめの絵本

にんじん 絵本の情報

 

【タ   イ  ト  ル】 にんじん

【作           者】 せな けいこ

【出     版      社】 福音館書店

【大     き      さ】 17×17cm

【ペ  ー  ジ   数】 24p

【初 版 年 月 日】 1969年11月10日

【おすすめ時期】 0歳から

 

にんじん 絵本のあらすじ

にんじんの すきなこ だあれ

 

 

うまさんは にんじんが すき だいすき

ああ おいしい

 

 

馬、きりん、さる、ぶた、かば、ねずみ、ぞう

と動物がでてきてにんじんを食べます。

 

それからにんじんが一番好きな子だあれ

と聞かれると、にんじんが好きな動物といえば

誰もが思い浮かべる「うさぎ」がでてきます。

 

そして最後に、男の子がでてきてにんじんを食べようとしています。

 

にんじん の購入はこちら

⇒ にんじん/せなけいこ/子供/絵本【合計3000円以上で送料無料】

にんじん 絵本の読み聞かせ方のコツ 私の場合

「にんじんが すき だいすき」

というフレーズは動物ごとで少し違っています。

 

「にんじん すきよ」

「にんじん ぽり ぽり」

「にんじん すきね」

などのバージョンがあります。

 

動物それぞれで違っているので、

同じ調子で読んでも、だんだんオーバーに「すき」

と読んでみても面白いです。

 

「ああ おいしい」

は続きますがここもずっと同じ調子でも、

だんだん「おいしい」にかみしめる様にゆっくり言っても

雰囲気が変わって面白いです。

 

 

にんじん 絵本の感想 口コミ

8種類のなじみある動物がでてくるので、

動物を覚えるのにも役立ちます。

 

にんじんが「おいしい」ものだと伝えられます。

でも、決して嫌いな子に無理して食べようね、ではないんです。

 

なんだか動物たちがにんじんたべてるなー。

この動物はこういう名前なんだ。

こういう色でこういう形をしてるんだ。

というのでいいんです。

スポンサーリンク

 

何か意味を理解してもらおう!!なんて意気込まないで、

にんじんを「おいしい」って食べてる

ただ、それだけでいいと思います。

 

この動物もにんじん食べるんだね。って話しかけたり、

にんじんが大好きなのはこの動物なんだね。

 

あ、にんじん大好きなお友達もいたねー。

〇〇ちゃんはどうかなー。

って言ったり、最後の所でお子さんの名前を言ってみたり。

 

シチューやカレーやスープが食べられるくらいになったら、

食べる時にこの絵本の真似してご飯の時に

「にんじんすきなこ だーれ?」って

聞いてみるといいですよ。

 

いつも聞いてた絵本のように

ぼく!(わたし)って言ってくれるかもしれません。

 

0歳の時から長く読み聞かせられる絵本です

 

そして、文字が読めるようになったら

自分で読むのにちょうどいい大きさ、

お話の長さです。

 

2歳くらいで真似して読み出すかもしれません。

読む、というより内容を覚えて、

ページをめくりながら声をだす、という感じかな?

 

長女がひらがなを少しずつ読み始めたのは、

2歳2か月で本を読んでいるように

声を出しながらページをめくっていたのは2歳3か月でした。

 

それから絵も和紙のちぎり絵のような絵なので

柔らかで温かみを感じます。

 

そこも子供に安心して与えられる絵本の理由の一つです。

グラフィックで3Dのように描かれた絵もきれいですが、

こういった手のぬくもりを感じるような絵を

心が育つ小さな時こそ触れてほしいと思って、

私は読み聞かせていました。

 

それから、ここにでてくる動物たちは

一般的な動物園にはいる動物ばかりです。

 

あ、ねずみはなかなかいないですけど。

 

動物園に行く時に持っていって、

絵本を広げながら、

きりんさんいたねー。

きりんさんは大きいねー。

などと、本物の大きさも教えてあげるといいです。

 

絵本や図鑑の中では形や色は分かっても、

それがどれくらいの大きさなのか、というのだけは

本物を見た方が伝わりますから。

 

絵本に出てくる動物と本物の動物が一致するように

繰り返し教えてあげると動物をより覚えやすいです。

 

家に図鑑があれば、絵のきりんと写真のきりんが

同じものだと教えてあげることもできます。

 

1冊の絵本の中身を他のことと色々つなげてみると

子供たちも楽しみが広がります。

 

お子さんと一緒に家の中に他に同じ動物がいるものあった?

といって探してみるのも楽しいです。

 

我が家は写真がのっている図鑑や、

動物の絵が書いてあるパズルがあったので、

それらを子供がとってきたりしてました。

 

意外と同じ動物が書いてある本がどこに置いてあるのか

2歳くらいでも覚えてるもんですよ。

 

子供の記憶力にびっくりしたものです。

 

葉っぱのついた本物のにんじんを見せてあげることも

できます。

 

最近のスーパーではなかなか葉っぱ付きのにんじんを

売っているところがないかもしれませんが、

産直市や無農薬野菜を売っているお店ならあります。

 

そしたら、少し高くても1回くらいは買ってあげてください。

 

本当のにんじんの大きさも、色も、手触りも、

匂いも、葉っぱの形も全部分かります。

 

絵本のにんじんと本物のにんじんが同じものだと教えてあげる

というのも楽しいものなんです。

にんじん一つでいろんな遊びができるし、

いろんなことを教えてあげられます。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました