おいし~い 絵本のあらすじと読み聞かせのポイントと感想


乳児健診が終わる5~6ヵ月前後になると、

絵本の読み聞かせを勧められることが増えますよね。

 

どんな絵本を読んであげたらいいのかわからない。

そんなママやパパにおすすめの一冊です。

 

この記事では、この「おいし~い」のあらすじと、

読み聞かせのポイント、子どもの実際の反応を紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

「おいし~い」絵本の情報・作者・出版社・対象年齢

【作 者】いしづ ちひろ

【 絵 】くわざわ ゆうこ

【出 版 社】くもん出版

【大 き さ】18cm×18cm

【ペ ー ジ 数】24ページ

【初 版年月日】2014年3月10日

【対 象 年 齢】0歳~

 

「おいし~い」絵本のあらすじ

「おいし~い」のあらすじ

ころころおにぎりにほくほくのかぼちゃ。

赤ちゃんが初めて出会うおいしそうな食べ物たち。

食べてくれるかな…そんなママの不安を吹き飛ばしてくれる

赤ちゃんの笑顔が印象的な絵本です。

 

「おいし~い」絵本の読み聞かせのポイントやコツ

いわゆるファーストブックとしてもおすすめの絵本です。

離乳食を始めようかなとお考えのママやパパが

赤ちゃんに読み聞かるのにちょうどいい絵本といえますね。

 

文章の量が少ないので、ただ文章を読むだけでなく、

「あっ!かぼちゃおいしそうだねぇ」などといったように、

声かけをしながら読んであげると、

赤ちゃんも絵本の世界に入り込んでくれます。

スポンサーリンク

 

「おいし~い」のセリフはぜひ、

笑顔でお子さんに聞かせてあげてくださいね。

 

また、この絵本に出てくる食べ物は、

比較的アレルギーになりにくいものばかりです。

最後に出てくるパンケーキも、

アレルギー対応商品が多いので、

意外と食べさせているご家庭が多くあります。

 

絵本に出てくる食べ物を食卓に出してあげると、

お子さんが反応してくれることがあって、おもしろいですよ。

パンケーキやおにぎり、スープもかぼちゃも、

取り分けなどで簡単に作れるものばかり揃っていますね。

 

「おいし~い」は、早ければ離乳期から楽しめる絵本ですが、

幼児さんになっても読み聞かせに使えます。

 

というのも、文章量が少なく、

読みやすい字体で書かれているので、

ひらがなを覚えるために読み聞かせにもうってつけなのです。

 

先日、年長の子供に渡したら、

一生懸命文字を追って音読していました。

もちろん、読めないひらがなもあったようですが、

なんとか頑張って読もうとしていた姿が印象的でした。

 

食育としての乳児期から入学前までと、

かなり長期間楽しめる絵本となっています。

 

「おいし~い」絵本の感想と子どもの反応

 

私がこの絵本と出会ったのは、次男が3歳になってからでした。

「あかちゃんがかわいい!」

「おいしそう」

など、かなり反応が良かったことを覚えています。

 

読み聞かせる親としても、

優しくわかりやすい色彩で描かれたイラストが、

とても見やすく感じました。

 

子どもがもっと小さな頃にこの絵本に出会っていたら

どんな反応だったのかなと。

そこで、レビューを少し調べてみました。

 

・0歳児だけど、食べ物の絵や赤ちゃんの笑顔に反応してみている

・「おいちー」と言いながらこの絵本をいつも持ってきます

・1歳くらいの時はあまり反応がなかったですが、3歳になってから興味を示すようになった

 

いろいろな反応がありますね。

食べ物に興味のある子や絵本が好きな子は、

早い時期から好きになるようです。

 

一方、ある程度大きくなってから興味が出てくるという

お子さんもいるようです。

色がほど良い彩度でハッキリしているので、

幼児さんの目を惹きやすいのかもしれません。

 

おわりに

 

おいしそうに食べる赤ちゃんが印象的な

「おいし~い」。

そろそろ離乳食を考えている時期から楽しめる

食育にうってつけの絵本としておすすめです。

 

「おいしそうだね」

「一緒に食べてみたいね」

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました