『そらまめくんのベッド』あらすじと感想 読み聞かせたい絵本

インターネットで「そらまめくんの」と検索すると、

そらまめくんシリーズの絵本のタイトルが

たくさん出てきます。

 

今回紹介するのは、そらまめくんシリーズの第一作目

『そらまめくんのベッド』です。

そらまめのワタをベッドに例えるという発想が

斬新だと感じました。

 

そらまめ以外にも、グリーンピースや枝豆、さやえんどうなど、

いろいろなお豆のお友達が出てきますよ。

そらまめくんのベッド 絵本の情報

【タ  イ  ト  ル】 そらまめくんのベッド

【作         者】 なかや みわ

【    絵    】 なかや みわ

【出     版      社】 福音館書店

【大     き     さ】 20×27cm

【ペ  ー  ジ   数】 28p

【初 版 年 月 日】 1999年9月30日

【おすすめ時期】 2歳から

スポンサーリンク

 

『そらまめくんのベッド』どんなおはなし?

そらまめくんのベッドはとてもふかふか。

そらまめくんの宝物です。

 

そんなふかふかなベッドで寝てみたいそらまめくんのお友達は、

ベッドを貸してといいますが、

なかなか貸してくれません。

 

ある日、そらまめくんのベッドが突然消えてしまいました。

必死に探すそらまめくん。

最初こそ、「貸してくれなかったバチが当たった」

というお友達のお豆たちでしたが

そらまめくんがかわいそうになり、

それぞれのベッドを貸してあげます。

 

しかし、どのベッドもそらまめくんにとっては

寝心地がイマイチ。

そらまめくんはベッドを探しに行くことにしました。

 

やっとベッドを見つけましたが、

うずらがそらまめくんのベッドで卵を温めていました。

しばらく様子を見ていたそらまめくんは、

ベッドよりも卵の様子が気になってきました。

 

無事に卵からひなが産まれたそらまめくんは大喜び。

うれしそうにベッドを持って帰り、

お豆たちとパーティをしました。

みんなでそらまめくんのベッドで眠る最後のシーンが

とても微笑ましい一冊です。

 

『そらまめくんのベッド』感想

「貸して」「ダメ」などのやりとりは、

乳幼児期からよく見かけますね。

 

そらまめくんも、最初は「ダメ」といって

ベッドを貸しませんでしたが、

最後はみんなで一緒にベッドで寝ていました。

 

人付き合いの原点が見える絵本ですね。

ネットの他の感想も見てみましょう。

・お豆大好きな子供が好きな絵本で何度も読んでいる

・そらまめを買って見せてあげました

・絵がとてもカワイイ!

まず、登場するお豆やイラストの可愛さは、

子供が惹かれる要素がありますね。

文字があまりわからない小さなお子さんも

この絵本が好きな理由がわかります。

 

・宝物を貸したくないそらまめくんの気持ちがわかる

・そらまめくんの心情が分かりやすく描かれている

お友達に「貸して」と言って「ダメ」と返されると、

どうしても、相手の子=ダメな子

みたいな感じになってしまいますよね。

 

でも、大事な宝物を壊されたらどんな気持ちになるか

なくなってしまうとどんな思いになるのか

そんなことが理解できそうです。

 

文章が多い印象なので、

お子さんに伝わるかは個人差がありそうですが、

読んであげる親御さんがわかるだけでも

読み聞かせ方が変わるかもしれませんね。

 

・貸してもらえない気持ちやお友達を助けたい気持ちが描かれている

・友達づきあいの教科書

スポンサーリンク

そして、いじわるをされた子の気持ちも

わかりやすく描かれています。

小学生になっても読ませてあげたい一冊ですね。

 

 

『そらまめくんのベッド』私流の読み聞かせ方

 

4歳の息子に初めてこの絵本を見せたときは、

枝豆やピーナッツなど、息子が大好きな豆類がたくさん出てくるのに、

とても喜んでいました。

 

やさしいタッチの絵本なので、

「お友達に貸してと言われたら、貸してあげるといいね」

と、無理に言い聞かせず、様子を見ながら読むようにしています。

 

もちろん、

“カシャカシャ、ドンドコ、プップクプー”

の部分は、ノリノリで歌っています。

けっこう子供が喜びますよ!

 

ある日、幼稚園でお友達とけんかをして帰ってきた時、

『そらまめくんのベッド』を読んであげたことがあります。

貸してあげることの大切さが伝わったかどうかは

わからないままでしたが、

この絵本を読んでからは、強引に「ダメ」ということは

減ってきたように感じました。

 

いろいろな豆が出てくる点の食育と、

友達づきあいのヒントが隠されている

『そらまめくんのベッド』

幼児期のお子さんに一度、触れさせてあげてください。

 

そらまめくんのベッド 絵本の購入はこちら ↓

 

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました