五味太郎 絵本 たべたのだあれ あらすじ・読み聞かせのコツ・感想


「たべたのだあれ」という絵本をご存じですか?

タイトルの通り、

食べ物が隠れているのを見つける

あてっこ絵本なのですが

その隠れ方が面白く

子供が何度でも読みたがる

仕掛け絵本のように楽しめる

絵本です。

 

今回は、この「たべたのだあれ」について

あらすじや読み聞かせのコツ・感想を

紹介しています。

スポンサーリンク

たべたのだあれ あらすじ・著者・出版社・対象年齢

【著者】 五味太郎

【出版社】 文化出版局

【対象年齢】 1歳

たべたのだあれ あらすじ

レーベルとしては

「どうぶつあれあれえほん」に

分類されています。

 

「さくらんぼ たべたの だあれ」

「めだまやき たべたの だあれ」

という流れで、

それぞれの食べ物を食べた動物を

探していくのですが

その隠れ方がポイントです。

 

見開きのページに

左には食べ物の絵が

右にはそれを食べた動物が

描かれています。

 

サクランボを食べたのはゾウなのですが

そのゾウの一匹だけ

尻尾がサクランボになっています。

 

目玉焼きの場合は、

牛の中に1頭だけ模様が

目玉焼きになっていたりと

「食べた」という一般的な認識とは

全く違う隠れ方が面白く

それがまた子供の興味を引きます。

 

さらに、実は数遊びの意味も含まれていて

動物の数が1匹ずつ増えていくという

面白い要素も隠されています。

 

対象年齢は2歳ぐらいですが

1歳から幼稚園の間ぐらいは

楽しめる作品です。

 

言葉や文字がわからなくても

絵の中から一つだけ違うものを

見つけるのは簡単ですので

小さい子向けの絵本としても

使用することができます。

 

たべたのだあれ 絵本の読み聞かせのポイントやコツ

絵本といっても、本当に文字が少なく

「〇〇 たべたの だあれ」しか

書かれていません。

 

小さい子供でも飽きることなく

絵を見て楽しめるので親が読んであげて、

子供が食べた動物を当てるという

その動作を繰り返すだけです。

 

ただそれだけを繰り返すのが

子供にはとても楽しいことです。

 

最初は、意味が分からない子供も多いと思います。

「どこにあるかわかる?」

スポンサーリンク

と促してみたり、

「これかな?」

「こっちかな?」

とわざと間違えてさしてみたり

「どこにあるかな?」

と聞いてみたりして

食べた動物を一緒に探して

読んでいくのがポイントです。

 

理解できるようになると

間違えるのが楽しく

子供自身がわざと間違えて

指さしてきたりもします。

 

そのときに、間違っていると

しかりつけるのではなく

「あれ?本当にそうかな?」と

間違いを楽しんであげるのが

子供がより楽しめる方法だと

思います。

 

たべたのだあれ 絵本の感想

 

何度も何度も、終わってもまた

「読んで!」とせがんでくるほど

面白くて楽しい絵本です。

 

「たべたのだあれ」には

同じような「どうぶつあれあれえほん」として

「かくしたのだあれ」という

本もあります。

 

これは、鉛筆などの物が

動物の一部になって

隠れているのを見つける本です。

 

五味太郎さんの本は

こういった仕掛け絵本のようなものがおおく、

子供が何度も何度もやりたがります。

 

「たべたのだあれ」の絵本は我が家にもあります。

3歳になった今でも

楽しんで読んでいる本の1つです。

 

食べ物を食べる真似をしたり

自分で間違えて見せたり、

あるいは隠れている場所を

手で隠して見せないようにしたりと

いろいろな読み方をして楽しんでくれます。

 

文字が少なく絵もかわいく

子供向けとしておすすめの絵本です。

 

まとめ

 

「たべたのだあれ」という絵本の

あらすじや読み聞かせのコツ・感想を

紹介してきました。

 

この絵本は保育園などにもあって

読みきかせがおこなわれていたりと

とても人気のある絵本の一つです。

 

ただ読むだけでなく

子供とコミュニケーションを

鳥ながら読める本として

おすすめです。

 

同じ五味太郎さんの絵本で

「きんぎょがにげた」という

絵本も人気の本です。

 

ぜひ購入を考えている方は

一度手にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました