やさいのおなか 絵本 あらすじ・読み聞かせのポイント・対象年齢

「やさいのおなか」という絵本を

読んだことはあるでしょうか。

 

おなか、という表現を聞くと

どういうこと?と思うかもしれません。

けれど読めばその意味も分かります。

 

定番の読み聞かせ絵本として人気のある

「やさいのおなか」について

あらすじ・読み聞かせのポイント、

対象年齢について紹介します。

スポンサーリンク

やさいのおなか 絵本の読み聞かせのポイント

「やさいのおなか」は

野菜の断面を当てていく

クイズ形式のような絵本です。

 

特徴は、絵本が白黒なこと。

色が付いていないので

さらに何の断面かが

わかりにくくなっています。

 

たとえるならレントゲン写真の

ような感じです。

 

 

クイズ形式の絵本なので

親子でコミュニケーションを

とることもできます。

 

野菜が準備できなくても

むしろあまり見ることのない

野菜の断面を知ることができるので

重宝します。

初めて見る野菜の断面に

子どもはとても興味を持ちますよ。

 

読み聞かせるときには、

もし家に同じ野菜があれば

最終的にはその野菜の断面が

本と同じかどうか

見せてあげることで

科学絵本や知育絵本としても

利用することができます。

 

野菜のスタンプなどを

絵本と一緒にやってあげても

楽しいのではないでしょうか。

 

白黒のシルエットページの後、

カラーの断面図のページと

実際の野菜イラストのページは

同じ見開きになっています。

よりクイズ感を出すために

紙のようなものを使用して

野菜イラストのページを隠して

読み聞かせを進めるのが

おすすめです。

 

最初は大人でも難しい断面ですが、

慣れてくれば覚える子どもも

でてきます。

 

幅広い年齢で楽しめるので

異年齢の読み聞かせでも

使用できる絵本です。

 

やさいのおなか 絵本のあらすじ

野菜の断面図が白黒で書かれていて、

その断面図が色付きになり、

次に野菜全体の絵が出るという

一連の流れが繰り返されます。

 

書かれている文字は

スポンサーリンク

「これ なあに」という問いかけだけ。

そして、正解となる野菜のイラストのページに

野菜の名前がかいてあるだけです。

それだけで、次々と

野菜の断面を当てていく絵本が

読み応えのあるものとなっています。

 

ピーマン、きゅうり、トマト

さつまいも、キャベツ、レンコンなど

出てくる野菜も身近なもので

種類もたくさんです。

 

身近にある野菜の新たな一面を

見つけることができる

食育絵本として人気があります。

 

やさいのおなか 絵本 作者・対象年齢・出版社情報

 

「やさいのおなか」の絵本は

絵本出版で有名な

福音館書店から発売されています。

 

福音館書店は

これまでにも紹介してきた絵本で

「きんぎょがにげた」や

「わにわにのおふろ」などの

人気絵本をたくさん出版している

絵本出版会社になります。

作者はきうちかつ(木内勝)さんです。

 

この絵本の対象年齢は

2歳からとなっています。

実際には2歳ぐらいだと

少し難しい可能性もあります。

クイズとして楽しむには

3歳ぐらいからがおすすめです。

 

少し大きくなって

料理をするようになってからも

実際の野菜の断面と比べたりと

楽しむことのできる内容です。

 

実際に、小学校低学年ぐらいでも

改めて楽しむことができると

レビューされていたりします。

 

大人でも正解が難しい

絵本だといわれていますので

大人の間でクイズとして楽しんでみても

いいかもしれませんね。

 

まとめ

 

「やさいのおなか」という絵本の

あらすじ・読み聞かせのポイント、

対象年齢について

紹介してきました。

 

断面図を「おなか」と表現するのは

かわいいし、子どもにも

わかりやすくていいですよね。

普段は見慣れている野菜が

全く違う形で登場してきて

子どもの想像力を鍛えるのにも

おすすめできる絵本になります。

 

大人も子どもも勉強になる

クイズ絵本の「やさいのおなか」

ぜひ読み聞かせに

利用してみてはいかがですか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました